フェアトレード・カレー

夏はやっぱりカレーですな。
家庭の味といえばバーモンドカレーとかジャワカレーとか。
これはこれで、実家を思い出したりして美味しいもんである。
でもこの歳になると、どうも食後がすっきりしない。
やっぱりアブラっぽいルウがもひとつなんだと思う。
ちょっと前からリピートしているこのカレー、フェアトレードの
ネパリバザーロのネパール・カレーである。
中身は分包されたスパイスが数種のみ。
おそらく、旨味成分に欠けたカレーが出来上がるのだろうと想像していたら、
これが意外にもすごく美味しい。
この旨味は何かな?タマネギ炒めたから?
不思議だけど、とってもコクがある。
それに、中身はほとんど野菜とスパイスを煮込んだものなので食後は胃がスッキリ。
玄米にも合うし、ルウだけでも食べたくなるようなさわやかな美味しさで
癖になりそう。
チリ(とうがらし)は別袋になっているので、調整すれば小さい子でも大丈夫。
イチからカレーが作りたくても、缶のカレー粉は辛いし、スパイス調合まではちょっと
手が出せないと思っていたから、この「チリ別袋」仕様は二重マル!
カレー粉が辛いのではなくて、混ざっているチリが辛いのだった。