京都近美 ポールスミス展

京都国立近代美術館ポールスミス展。
もうしばらくしたらお向かいの京都市美術館でダリ展も始まりますね。ただ、美術館のハシゴすると後に行った方は適当に見ちゃうんで….ひとつひとつ行くのがおすすめです。
興味を引かれたのは、デザインチームのデスク。私の場合デザイナーそのものに心酔するというよりも、制作の現場そのものが好きなのだ、と改めて思ったのでした。



常設フロアでプチ展示されていた都築響一氏の「着倒れ方丈記」の写真群が意外に面白かったことをつけ加えておきます。